スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コノハカメレオンのレイアウト・冬バージョン

2011/12/13 Tue

ご無沙汰しております。
もうすぐ11月ですね…と前回の記事を書いてからだいぶ経ってしまいました

12月に入り、東京もだいぶ気温が下がってきました。
我が家のコノハカメレオンも今はお一人様となりましたが、元気に暮らしてます。

写真226
ちょっとお口を開けてカメラ目線
霧吹きして、お水を飲んだところでした。


ところでコノハカメレオン邸ですが、冬に備えてお引っ越し&レイアウトの変更を11月の早いうちから行いました。

今のお家は30cm水槽(31.5cm×18.5cm×24.4cm)。
前は45cm水槽で悠々と暮らしてもらっていたのですが、保温の関係で小さめのお家に入ってもらいました。

写真228

こんな感じで、側面には保温対策として『ピタリ適温くん2号』を使ってます。
ピタリ適温くん2号を30cm水槽に使うとご覧の通り、ほぼ向こう側の壁が全部カバーされます。
使用法としては45cm水槽が目安みたいですが、これでコノハカメレオン邸の温度がちょうど25℃ぐらいになります。

手前の方は若干温度が下がるので、コノハカメレオンが自分で移動して調整できる感じです。
熱くなりすぎないので、触ってもヤケドとかしない優れ物です。


床材はずっとヤシガラでしたが、冬バージョンはバーミキュライトを使用してます。
ヤシガラだと、ゲージ内が湿度があるうえに保温もされてるので、カビが発生しまして…

バーミキュライトは保水性・通気性も良く、何より無菌状態なのでカビも発生しにくいです。
確か栄養価はないと思うのでポトスにはかわいそうなのですが、ポトスは強い子なので枯れずにコノハカメレオンの水飲み場として同居してます。


同じくカビの問題で、枝も入れてません。
代わりに、こちらは前から使ってるジャングルバインSを曲げてレイアウトしてます。
ジャングルバインは水中でも使えるものなので、たっぷり霧吹きして濡れても問題ないです。

Sでもコノハカメレオンにはちょっと太めなのですが、ちょっとボコボコしてるのでしっかり掴んでくれてます。

写真225

湿度は40%ぐらいで、霧吹きすると70%ぐらいになります。
温度は20℃~25℃ぐらいです。

ピタリ適温くんは薄いので(数ミリ)ゲージの下に敷いても使えますが、下に敷くだけだと土が温められるだけで全然温度が上がってくれません。

側面に張り付けるだけだと外気に触れて温かさが逃げてしまうので、本とか新聞とか発砲スチロールとかで逃げないようにしてあげるとゲージの温度が上がります。

[コノハカメレオン] ブログ村キーワード
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

tag : コノハカメレオン レイアウト

寒くなってきました。

2011/10/27 Thu

10月ももう終わりですね。
朝晩冷え込むようになってきました

我が家のコノハカメレオンたちも元気にしてます

写真

今朝、東京は今年一番の冷え込みになると聞いたので、昨日の夜からヒーターを入れました。

オカヤドカリ邸も2軒あるので、もう一つヒーターを追加しないとダメですね…

[コノハカメレオン] ブログ村キーワード

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

tag : コノハカメレオン

コオロギたち。

2011/09/30 Fri

我が家のコノハカメレオンたちのエサのコオロギちゃん(イエコ)ですが、『イエコのストックについて』で紹介して方法で生き長らえ…毎日キリキリ鳴いてます。

そして遂に産卵しました!今では孵化してちびイエコがわさわさ居ます。
えげつないので写真なしで

一番最初に鳴き出したときはどうしようかと思いましたが…産卵係に徹してもらうことを決意
コノハカメレオンじゃ食べられない大きくなったイエコたちの存在は「けッ」って思ってましたが、そうと決めてしまえば巨大化した大人イエコの存在もなんとも思わなくなりました 笑

あるとき巨大化したイエコの♀のお腹がパンパンだったので、産みたいんだろうな…と思いコノハカメレオン邸からちょっとヤシガラを拝借してちっちゃいタッパーに入れてプラケに入れてあげました。
そこまでは覚えてます。

そのあとはヤシガラを掘り散らかされ頭にきながらもちょっと忙しかったので掃除もせず適当にお水とエサをあげてました。

プラケがあまりにも汚らしかったので(ヤシガラが散らかって)掃除しようと思ったときには白くて小さい動くものが無数に…
そこでやっと発覚しました。
産卵床を取り出さずに入れっぱなしだったので、多分大人イエコに食べられた卵もたくさんあるはず。
にも関わらずたくさん生まれてくれました

ピンヘッドぐらいなのでまだコノハカメレオンたちのエサにはなれませんが、もうちょっと大きくなったら自家繁殖したコオロギをあげられるのはちょっと嬉しいかも…

そこに愛着はなく、イエコはあくまでエサなんですよね 笑

[コノハカメレオン] ブログ村キーワード

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

お星さまに…

2011/09/26 Mon

バタバタしていて更新してませんでしたが、我が家のウサンバラコノハカメレオンのウサちゃんがお星さまになりました…。

写真221

こんなにお腹がパンパンでした。


写真221

掘り堀りもしてました。

が、帰宅してみると既にお星さまになってました。
あんなにパンパンだったお腹もぺしゃんこ。
産卵して力尽きたのか卵詰まりで亡くなってしまったのかわかりません。
でも、お腹を触ってみても卵の感触はなかったので力尽きてしまったのでしょうか…。
ちょっと卵を探してみたものの、卵も見つからず。

卵詰まりだったとしても、お腹はぺしゃんこになるものなのでしょうか…。

臆病者のウサちゃんはあんまり動いてるところを見れませんでしたが、短い間だったけどうちに来てくれてありがとう

[コノハカメレオン] ブログ村キーワード

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

tag : コノハカメレオン ウサンバラコノハカメレオン

手作りドリップ

2011/09/14 Wed

前に少しだけ触れた我が家の手作りドリップをご紹介します
あくまで、コノハカメレオンみたいに小さい子向けだと思いますが…。

写真223

これだけです。見たままです。
使い捨てのコップの底に小さい穴を開けて、そこにつまようじを刺しただけのシンプルなものですが、これがイイ感じにポタポタするのです

楊枝の刺し加減を調整すれば、速度もある程度調整できます。
葉っぱにポタポタするように場所を決めて、紙に穴を開けた時に束ねておくリングで水槽にひっかけて吊るしてます。小さいS時フックがよかったのですが、手元になかったのでこれで代用してそのまま使ってます。

紙コップよりは耐久性のあるプラスチックのコップの方がいいです。
必要に応じてコップの大きさを変えればポタポタの総量も変えられます。

ペットボトルでもいいと思いますが、穴を開けるとき、思わずグサっと行き過ぎてしまったりして調整が難しいので、プラカップの方が微調整がし易くていいかと思います。


コップの大きさを変えればポタポタさせる総量も変更できます。
ゲージに高さがないので、つまようじは短めにしてます。

長いままだと、場所によってはそこからつまようじにコノハが乗っかってきてしまいます…
この前つくりなおした時に短くするのを忘れたらつまようじにしがみついてました…。
乗っても抜けないぐらいに刺してあるのでいいですが、抜けて落っこちてしまう可能性もあるので要注意です。

そのままだと床がびしゃびしゃになることもあるので、量によってはハイドロカルチャーに植えたポトスにポタポタさせるとか、工夫が必要です。


写真224
反応してやってきました

これが楊枝が長すぎたときで、このあとお水を飲んでからしがみついてました


[コノハカメレオン] ブログ村キーワード

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

tag : コノハカメレオン ドリップ

お顔に傷があります。

2011/09/08 Thu

コノハカメレオンのベビーが居なくなって卵も無事に生まれてこなくて…明らかに更新が減ってます
励ましのお言葉を掛けてくれた皆様、ありがとうございます

写真220
写真はコノハカメレオン(こちらはヒゲコノハカメレオン)の♀の大きい子の方

この子、実はうちに来た時から傷があるんです。
わかりますか
写真向かって左目の内側の近くが白っぽいのが
ちょっと引っ掻いた…というよりは、かじられたような感じの傷です。
うちに来た時からあった傷なので真相はわかりませんが、気付いたときにはどうしようかと思いました。

とりあえず最近の傷って感じではないのですが、雑菌が入らないように定期的にKガード+9を吹きかけてます。
KガードはCANDLE様で取り扱ってる商品で、HPで詳しく説明されてます。
(リンクフリーか確認取れていないので今回はリンクは貼らずにおきます。)
殺菌や消臭に優れていて水に変わるらしいので、生体にかけても安心ということです。

元気に動き回ってますが、やっぱりちょっと心配な子です。
捕食時もバシバシ舌を伸ばしてるので、視力にも問題はなさそうですが…。

[コノハカメレオン] ブログ村キーワード

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

tag : ヒゲコノハカメレオン コノハカメレオン

レイアウト失敗

2011/09/06 Tue

アップしてませんでしたが、先週、コノハカメレオン邸を少し変更しました。
レイアウトは変えずに、バックボードを入れてみました。

写真218

奥に見える岩の壁みたいなのが今回入れたバッグバード。
一応向こう側の目隠しも兼ねて。
硬質の発泡スチロールでできてるみたいです。カッターで切って大きさは変えられます。

予想はついたのですが、案の定。
写真216
ちび♀とぽにょ♀がバックボードを伝って自家製の蓋によじ登り…
しかも、おりられない。
一度二人ともおろしてあげたのですが、気付けばまた上にいる…
蓋がもっと違うのだったら上まで登っても蓋には登れないと思うのですが…。
というわけで、バックボードは外しました。

ウサンバラコノハカメレオンのウサちゃんは心配なし。臆病なので、ほとんど動きません
ヒゲは動き回るのにウサンバラはずっと同じ位置。
ノシノシ歩いてる姿は一度も見たことがないです。


[コノハカメレオン] ブログ村キーワード

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

tag : ヒゲコノハカメレオン コノハカメレオン レイアウト ウサンバラコノハカメレオン

プロフィール

えるぼん

Author:えるぼん
ダックスと亀とホロホロとオカヤドカリとアカハライモリとヒゲコノハカメレオンがいる我が家の様子です。

訪問者様
ブログランキング
ブログランキングに参加しています! ポチっとお願いします。
にほんブログ村
にほんブログ村に参加してます。訪問してくれたらポチっとお願いします!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
328位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。